茨城県の競技者登録数の推移について

 本年度の競技者登録もほぼ一段落しましたので、競技者登録費が値上げされた2004年以降の競技者登録数を元に、茨城県の競技者登録数の推移について報告します。

 なお、2009年度の競技者登録は2010年1月31日まで行っております。競技者登録を希望される方は競技者登録のページをご覧ください。引き続き申込を受け付けております。

以下、気づいた点について

・表1に登録者数の内訳を示しました。2009年度の競技者登録者数は39名(10/12現在)で、2004年以降茨城県の競技者登録数は減少傾向が続いています。特に学生の登録者数の減少がここ最近見られてます。

表1 登録者数内訳
年     2004 2005 2006 2007 2008 2009
登録者数 45  43  51  42  45  39
学生    32  25  34  23  26  21
一般    13  18  17  19  19  18
男性    33  29  40  32  34  31
女性    12  14  11  10  11   8

・男性と女性とでは、女性登録者の減少傾向が見られます。これは、学生登録者の減少に伴い、女性の登録者も減少しているためと考えられます。

・年齢別では以下のような傾向が見られました。
(表2に年齢別競技者登録割合を示しました:10.6.16訂正)
22歳以下の世代では、減少傾向が昨年に引き続き見られました。これに対し、50歳以上の世代では増加傾向にあります。これは、選手の高齢化に加え、全日本リレーのベテランクラスや狩野安杯に参加するために競技者登録をする選手がいるためと考えられます。

表2 年齢別競技者登録者数
年齢  2004 2005 2006 2007 2008 2009
-22  26  19  29  18  20  17
23-34 9  11  11  12  14   9
35-49 6   7   6   5   4   4
50-   4   6   7   7   8   9

 なお、全国の競技者登録に関する情報は日本オリエンテーリング協会(JOA)の競技者登録情報(以下のアドレス)にありますので、あわせてご覧ください。
http://www.orienteering.or.jp/newbb+v.t+45+f+2+p+258.htm#z258

(11/21追記)
 O-Newsの以下のページで、競技者登録数の変遷についての記事がございますので、あわせてご覧ください。
http://www.o-news.net/2009/11/orilabo-10.php

 全国的にも、茨城県と同じ傾向が見受けられる模様です。ちなみに登録者数では、茨城県は全国で12番目と、昨年より1つ順位を落としています。
(10.1.22追記)
JOAのホームページによると、1/5時点での茨城県の競技者登録数は全国で13番目とのことです。

(参考)
社団法人 日本オリエンテーリング協会
http://www.orienteering.or.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック