いばらきOLニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉パークOシリーズ第1戦柏の葉公園大会で上野山さんがコントローラとして派遣されました。

<<   作成日時 : 2009/08/28 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月23日に千葉県柏市で開催された、千葉パークOシリーズ第1戦柏の葉公園大会(JOA公認カテゴリーS)で、茨城県所属の上野山禎造さんがコントローラとして派遣されました。

 コントローラとは、オリエンテーリング大会が競技規則に従って開催され、かつ全ての競技者に公平・公正に運営されているかを点検・指導する人のことで、公認大会では、コントローラ登録者の中からJOAが任命または承認する事になっております。ちなみに、茨城県からは現在3名登録されています。

 当日は、残暑が厳しかったにも関わらず多くの参加者が集まり、柏の葉公園のコースに挑んでいました。また大会も、「大会開催実績としての経験とも豊富」な京葉OLCが大会主管だったこともあり、ムダの無い効率的な大会運営が行われた模様です。

 なお、コントローラの上野山さんから以下のようなお話を聞きましたので、紹介します。


・大会準備で印象に残ったことを教えてください

上野山:
 大会主管者の京葉OLCは、歴史あるクラブで、大会運営経験が豊富な名門クラブで余裕を感じさせられました。
 コントローラーの要請を受けてから、事前準備として現地へ入ったのは、8月2日の試走会の一度だけでした。それまでは、調査、修正前の地図1枚だけで、個人として心配になり、一人で競技テレイン(公園)を下見して、気になる点を、担当者とメールでやり取りしました。
 試走後、各クラスの優勝者設定時間15分をにすべく、コースプランを修正と、出入り是正。それで各コース決定。
 実に大会慣れしている感じでした。

・大会当日の事を教えてください

上野山:
 大会当日、大会準備も粛々と、滑らかに進捗して、感心しました。
 大会当日は天候に恵まれ、残暑が厳しく40度近くまでに上がりました。トップスタートは10時で、13分後には第一号者がゴール、その後も順調に問題もなく全員ゴールインしました。当日参加の小学生(個人Nクラス)がスタート地点でうろうろしていたが、これも難なくゴール。経験の少ない小学生でも安心して参加できるといった、パークOの利点を改めてを実感しました。
 全体として、以心伝心の大会運営で、M21Aで多くのEクラス出場権を取得したことが印象に残りました。
 大会参加者に楽しんでもらえた大会だったと思います。

・大会当日に特に気をつけたことを教えてください。

上野山:
 夏場の大会なので、熱中症予防のため、出走前までに水分補給の呼びかけをしたことが、トラブル防止につながったと思います。

・その他印象に残った事を教えてください。

上野山:
 併設でキッズOを開催していました。参加者40人程度で、将来のオリエンティアとして楽しみです。
 また、主催が千葉県公園まちづくり公社のため、参加賞に百日紅(草)が配られていました。
 新米コントローラーにとって、うってつけの大会でした。

・今後の千葉パークOシリーズの予定について教えてください(8/29修正)
上野山:
 今後は
第2回 11月8日 青葉の森公園(千葉市中央区)
第3回 12月20日 岩名運動公園(佐倉市)
が開催されます。なお第3回の大会では、茨城県所属のコントローラが派遣される予定になっています。


 運営者の皆様、参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。

(参考)
千葉パークOシリーズ
http://blog.livedoor.jp/chiba_park_o/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉パークOシリーズ第1戦柏の葉公園大会で上野山さんがコントローラとして派遣されました。 いばらきOLニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる